JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最近の作業記事
俺の奥さんは、可愛い
生きるということは、未来を削り ..
この世で永遠不滅というものは存 ..
俺は決して優しくはない

過去の作業ログ
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月

 





お事汁(おことじる)
12月と2月の「事の八日」には大根や人参、里芋やコンニャク、ゴボウといった作物を入れたお事汁(おことじる)というみそ汁を作って食べる風習が有るそうです。
中身を見るといかにも「農作業の始めと終わり」の日に食べる食べ物に相応しいものですね。

さて、事始め(あるいは事納め)の本日、お事汁を食べたとか、針供養を行ったとか、そう言う行事を行った人はどれくらいいらっしゃるでしょうか。
わたしの場合、針供養は無いですが、我が家のお事汁を食しました。
皆さんの中で事汁を食したかた、「我が家のお事汁」といった情報が有れば教えてください。(=^・^=)

あ、ちなみに12月の「事始め」というのは、年神を迎えるための正月行事(準備から後片づけまでを含め)を始める日とする考えです。
つまり年越しの「神事」が始まる日です。
念のため・・・

18:00, Thursday, Feb 08, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯