JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の作業記事
昨夜は予想したとおりに、貫徹に ..
今が過去の因果でできている以上 ..
PCからPC画像をinstagr ..
「詐欺(架空請求詐欺)」の典型 ..
これは、フィッシングメールです ..

過去の作業ログ
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月

 





きっちりその「オトシマエ」はつけさせないと行けない。
今日は、5.15事変があった日だねぇ・・・
  
ところで、因果応報って言葉知ってる?
なんでこんなこと書いたかというと、新潟の女子児童殺害死体遺棄の事件で逮捕者が出たって聞いたからだけどね。
 
「因果応報」、仏教語なんだけどね。
辞書を紐解いてみると、「前世における行為の結果として現在における幸不幸があり、現世における行為の結果として来世における幸不幸が生じること。」なんて書いてあるけど、これって「転生」を含んでるよね。
だけどね、「転生」なんて有りはしないんだよ。
だから、『前世』も『来世』そんなものはありはしない。
あるのはこの『現実』と思っている仮想世界の『現世』だけ。
 
ただね、「善悪の原因があれば、必ずそれに相応する楽苦の結果がある」というのはある。
話が横道にそれたけど、なにが言いたいかというと、「新潟の女子児童殺害死体遺棄」の容疑者として、20代の会社員を逮捕したくらいだから、それなりの証拠を警察は掴んでいると思う。
詳細はこれからの取り締まりでおいおいわかって来るだろうが、こ20代の若者が正犯なら、殺害された子供の両親の無念な気持ちを慰謝する必要はあるが、一番に考えないといけないのは、これからとう言う人生に無理やりピリオドを打たされてしまった殺害された子供自身の無念さの慰謝が一番大事。
でないとこの子は成仏ができない。
そのためにはきっちりその「オトシマエ」はつけさせないと行けない。
それが『因果応報』

13:09, Tuesday, May 15, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯