JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の作業記事
希望的観測というのも、あながち ..
とりあえず、試験的に2個収穫し ..
キャリアを積む 」というのは
昼ころ千葉東方沖でちょっと大き ..
きっちりその「オトシマエ」はつ ..
マイクロソフトによるWindows Se ..
今日は母の命日。
麻疹’(ハシカ)が流行っている ..
行政機関が、電話でATMを利用した ..
冷えますねぇ。

過去の作業ログ
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月

 





人にはなぜ承認要求があるのか、それは集団のなかで生きるためである。
人にはなぜ承認要求があるのか、それは集団のなかで生きるためである。
では、なぜ人は集団のなかで生きようとするのか
それは、自分独りだと自分にだけ振りかかる危険が、集団となることよって、集団の他の人にその危険を振り分けることが出来るからである。
つまり、集団生活は自分を危険から守るためのリスク分散なのである。
 
じゃ、リスク分散のために集団に入るにはどうするか。
それは、集団に自分と言う人間を認知し、かつ受け入れてもらうことである。
なので、人は自分の生命を守るために、集団の構成員に、自分という人間を認め受け入れてくれるように振る舞うことになる。
これが承認要求なのである。
つまり、承認要求は己の生命維持のためにリスクを分散し、かつ生活の安全を確保するためである。
 
だが、気をつけないと行けないことがある。
それは、「集団がその要求を拒否、もしくは否定することがある」と言うことである。
集団がその個人の承認要求を拒否したり、その人自体を組織の一員として否定した時、集団は集団に振りかかるリスク全体をその個人に向くように仕向けることがある。
これが集団による粛清、もしくは排除である。

22:23, Monday, Mar 12, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯