JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近の作業記事
、あと1〜2時間で陽が陰るだろ ..
全て処理していいと妻には言って ..
心が冷えきってしまうと最後には ..
安い買い物だった。
思えば、今日は米軍による本土爆 ..
あ、そうか今日は新月だったねぇ
あ、そうか!! 今日は、アホくさ ..
調布警察署管内の特殊詐欺の被害 ..
今のうちに目一杯色々と人生を愉 ..
今日は午前中病院でした。

過去の作業ログ
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月

 





老驥伏櫪
わたしが先日書いた「老驥伏櫪」は魏志倭人伝でも有名なあの曹操が53歳のとき、宿敵袁尚を打つために北征に挑んだときに詠んだ「歩出夏門行」の詩の一説のなかのものです。
平均寿命が今よりずっと短かった古代において、53歳という年齢はすでに老齢の粋に達していましたが、なお衰えぬ気概の象徴としてこんにちにおいても未だ名言です。
こういう気概があるから中国を統一できたのでしょう。
 
原文と和訳を載せます。
気分を味わってください。
 
神亀雖寿 猶有竟時
騰蛇乗霧 終為土灰
老驥伏櫪 志在千里
烈士暮年 壮心不已
盈縮之期 不但在天
 
 
亀は長生きだと言うが、やはり死は免れない。
龍は霧に乗って空を駆け巡るが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

14:54, Tuesday, Aug 29, 2017 ¦ 固定リンク ¦ 携帯