JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近の作業記事
今日は寒いねぇ
、あと1〜2時間で陽が陰るだろ ..
全て処理していいと妻には言って ..
心が冷えきってしまうと最後には ..
安い買い物だった。
思えば、今日は米軍による本土爆 ..
あ、そうか今日は新月だったねぇ
あ、そうか!! 今日は、アホくさ ..
調布警察署管内の特殊詐欺の被害 ..
今のうちに目一杯色々と人生を愉 ..

過去の作業ログ
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月

 





前向きに見ているようで後ろ向きってことがあるんだよなぁ
前向きに見ているようで後ろ向きってことがあるんだよなぁ
見るってことは、その対象が発した、あるいはその対象に反射した光が目に届くってことなんだよ。
例えば、我々が見上げている夜空の星の光は、何千光年、あるいは何万光年の遠い距離から届いた光なんだよね。
ということは、今見ているその星の光は何千光年、あるいは何万光年も昔の光だよね。
もしかしたら、その星はもう存在していないかもしれない。
わたしが妻と話している時、わたしが話しかけている妻は、常に0.00000何秒か前の妻だということだ。
つまり、光の速度が有限である限り、「いまこの瞬間を見る」なんてことは絶対にできない。
われわれは過去しか見ることが出来ないということなんだ。

12:58, Saturday, Aug 05, 2017 ¦ 固定リンク ¦ 携帯