JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の作業記事
一本の桜の木に「3色の桜の花」
閉鎖した環七の「アーバン・ドラ ..
「自転車安全利用 TOKYOキャンペ ..
「大阪府警管内の各署のキャンペ ..
不倫する人は、不倫程度で裁判に ..
FBで住所、電話番号を公開して ..
空き巣は無締まりの家を狙ったり ..
「なんで俺がこんなこと。。。。 ..
アプリを使用する際は渡す権限、 ..
間違い電話の振りをして、こちら ..

過去の作業ログ
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月

 





Ubuntuにセキュリティツールをインストールした。
「Ubuntuにセキュリティソフトが必要?」と言う言う人もいるだろう。
でも、俺は「絶対に必要ではないかもしれないが、でもあった方がいい」という考え方を持っている。
たしかに、UbuntuというかLinux全般に言えることとして、OSレベルでのセキュリティが高いとは言われてはいる。
 
だがそれを言える背景には、「アップデートをちゃんと適用させている場合に限る」という大前提が有ると思う。
Ubuntuを使っている人なら分かると思うが、Ubuntuからはアップデートの通知がコマメにくる。
これをしっかり行っていれば、基本的には安全だとは思う。
 
だが、もしそのアップデートを怠たったらどうなる?
「もしウイルスに感染していたらやばいな」と俺は思う。
 
まぁ、あれだ。
WindowsとLinuxではOSの構造が違うから、Windows用のウィルスがLinuxには感染することはまず無いとは思う。
それに、よしんば侵入されたとしても、そのウイルスが悪さをするなんてことはまず出来ない。
 
だが、それは感染しても発病しないと言うだけのことであって、感染していることに気が付かすにいればキャリアとなってしまっている可能性がある。
 
なので、キャリアの身でファイルの受け渡しなどをしてしまうと、ウイルス媒介者となって相手にウイルスを感染させてしまう可能性がある。
ネット社会では自分の身を守ると同時に、ネット社会の安全をも守る義務がある。
でないと、もし感染源が自分だと判明した時、高額な賠償金とかを要求されたりして、ととんでもなく酷い目にあう可能性が無いとは言えない。



15:39, Saturday, Mar 24, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯