JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク

ログイン 保存

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
30
31            

最近の作業記事
新型コロナ 東京都で新たに22人 ..
まぁ、なんといいましょうか、
後少しで「緊急事態宣言全面解除 ..
パキスタンの航空機墜落
ルノーは消える可能性がある

過去の作業ログ
2020年 5月
2020年 4月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月

 



本日   9
昨日   19
累計   545383

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。

2020年 5月2日

母の愛ってすごい。
イスタンブール(トルコ)で実際にあった話。

病気の我が子を人間の病院へ運んだ勇敢な母ネコ 病院スタッフの対応にも心温まる話。

診察の結果、子ネコは命に関わるような病気ではないと判断されました。
しかし念のため、母ネコと一緒に獣医の診察を受け元気に回復した。

心配でたまらない母ネコは子ネコの後を追い、しばらくその様子をじっと見ていたが、緊張し身体をこわばらせた母ネコを気遣って、スタッフがミルクや餌をあげてケアを続けた。

自分の子供が病気でどうしようもなくなって、人間に助けを求めた母ネコの気持ちを汲み取ったスタッフに感謝したい。
動物は私たちの友人でもあります。
人や街を愛すだけでなく生きとし生けるもの全てを愛することが私たちには大切なのです。
母の愛ってすごい。

トルコは5月1日の時点で、新型コロナウイルスの感染者数が12万人超と中東では最多を記録しており、医療従事者らはその対応に追われている。
そんななかでも子ネコに温かい思いやりを示すことを忘れなかったスタッフの行動は賞賛に値する、

10:29, Saturday, May 02, 2020 ¦ 固定リンク