JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク

ログイン 保存

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の作業記事
ヤフーは2019年9月12日、衣料品ネ ..
ソフトバンクとKDDIがSIMロック解 ..
ジャンクパソコンを改造するのが ..
富貴天にあり
今しか使えないものだとしても、 ..

過去の作業ログ
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月

 



本日   20
昨日   36
累計   538640

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。

2019年 6月8日

「永遠の子猫『リルバブ』
皆さんは、かつて大ブレイクした「永遠の子猫『リルバブ』」と言う猫をご存知か?
この1匹の小さなネコが、動物医療の変革につながる可能性が出てきた。
 
小さな体にぱっちりとした大きな目、いつもペロリと出ている舌。
米国で「永遠の子猫」として大ブレイクしたネコの“魅力”を、ある科学者たちがゲノム解析で解き明かした。
かわいらしい外観が遺伝子異常によるものであり、大理石骨病という病を患った動物や人間の治療につながる可能性が判明したのだ。

00:52, Saturday, Jun 08, 2019 ¦ 固定リンク


人工子宮に妊娠を「外注」できる未来
人工子宮に妊娠を「外注」できる未来では、女性、家族、人間はどう変わりうるのか?
 
2017年アメリカの研究者グループが、「人工子宮」をつかってヒツジの胎児を発育させる実験に成功した。
その後、複数の遺伝子を組み換ることで、人類を宇宙に送るためにその環境に適した人間や、特定の知能や機能に特化した人間、例えば兵士を作るデザイナーズチルドレンの計画や、少子化問題などに絡んで、このテクノロジーを人に応用することが検討されている。
そうなると、人間の妊娠にまつわるさまざまな“問題”をゼロにしうる人工子宮は、社会そのものに対する考え方を一変させるだろう。

00:40, Saturday, Jun 08, 2019 ¦ 固定リンク