JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク

ログイン 保存

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近の作業記事
今日は送り盆、
つまり毛嫌いされ敬遠されハブら ..
凶器所持 
う〜ん、9回は流石に多すぎたか ..
今日の昼食は俺がドリアを作った ..

過去の作業ログ
2019年12月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月

 



本日   15
昨日   28
累計   536995

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。

2019年 5月1日

今日から令和ですね。
感慨深いものがあります。

俺は、昭和、平成、令和と3っつの時代を生きることになりました。
昭和という、戦後、まだ旧態然としていた日本という国の破壊、それによる混迷、そして新しい日本を再構築を目指した激動の時代、再構築をしていく中での繁栄を謳歌した時代を生き、多くの自然災害に見舞われた平成という時代を生き、そして今、新たな時代令和を生きようとしています。
今日は令和元年・・・、令和はどういう時代になるでしょうか。
平成という時代は、多くの自然災害が発生し、多くの人が被災しました。
まだまだ、立ち直る兆しもありません。
令和という時代は、ある意味、平成の時代に起きたいろいろな自然災害と言う出来事の後始末を始める時代なのかも知れません。

11:47, Wednesday, May 01, 2019 ¦ 固定リンク