JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク

ログイン 保存

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最近の作業記事
全て処理していいと妻には言って ..
心が冷えきってしまうと最後には ..
安い買い物だった。
思えば、今日は米軍による本土爆 ..
あ、そうか今日は新月だったねぇ
あ、そうか!! 今日は、アホくさ ..
調布警察署管内の特殊詐欺の被害 ..
今のうちに目一杯色々と人生を愉 ..
今日は午前中病院でした。
話し言葉には消しゴムがない 

過去の作業ログ
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月

 



本日   147
昨日   131
累計   515128

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。

2017年 6月12日

亡くなった人がやりたくてもやれなかったことへの強い思い、
亡くなった人がやりたくてもやれなかったことへの強い思い、そういうものが「意思」として残ることはある。

それが「霊魂と言うんだ」と言うならそうかもしれない。
だけど、その霊魂によって祟られたとか、取り憑かれたとか、呪われたとかと言う人がいるから、霊魂など存在しないとわたしは言い切る。
 
なぜなら、それは死者が生前やりたくてもできなかった、やり残したことへの強い思いなんですよ。
それが強ければ強いほど意思は残ります。
が、それらの霊魂が物理的に何かものに作用するかというと、意思にはそう言う力はない。
  
だからものを動かしたり、取り憑いた人を操作したりする力はない。
 
ただ、亡くなった人がやり残したことと同じ意思を持っている人には共鳴するので、その人を通じて生前できなかったことを成し遂げてもらうために、その思いをその人に投げかけることはある。
 
それを「取り憑かれると言うんだよ」と言われるかもしれないが、ちょっと違う。
 
ちょっと矛盾しているように思えるけど、同調した意思は、それを成し遂げるために生前持っていた知識とか技術とかを、その人に閃きを与えるとか、気づかせるためにとかで、ちょっとした意思の作用をすることはあっても、決して同調している人に、意思の力で物理的な悪さをすることはない。

15:58, Monday, Jun 12, 2017 ¦ 固定リンク


ある日、突然
ある日、突然「あの人はどうしているかなぁ。元気かなぁ」とか、「最近あの役者最近テレビに出てないねぇ」とか言うと、2週間以内に訃報が届いたり、発表されたりします。
   
物が何重にも見えたり、歩いている道路があちこちうねっているように感じたときは、やはり2週間くらいのうちに、何処かで大きな地震が起きてたりします。
  

14:57, Monday, Jun 12, 2017 ¦ 固定リンク


そりゃ、無料給水と聞きゃ使いたくなるわな。
「たからの水」で洗車に困惑 | 2017/6/12(月) - Yahoo!ニュース
news.yahoo.co.jp


そりゃ、無料給水と聞きゃ使いたくなるわな。
それが人情だ。
 
だけど、そこで「公共のものだから私的には使わない。」という選択肢を選択させる要因がある。
それが人が持っているモラルなんだ。
 
こういうことが記事になるってことは、この大分県日田市に住んでいる人、そして周辺近辺に住んでいる人、あるいは同県内の人、隣県の人とかの住民のモラルが低レベルだと言うことを暗に証明しているようなもんだ。
自分たちの地域を守りたかったら、その地域に住む住民が率先して、責任を持ってそういうモラルが欠けた人に地域人としてのモラルを持つように指導することが肝要だ。

12:56, Monday, Jun 12, 2017 ¦ 固定リンク


これから書くことは独り言です。
これから書くことは独り言です。
内容はちょっと心霊的なことが含まれますので、そういうものに理解を持てない人には「薄気味悪い」と思われるかもしれません。
なので、そういう方はスルーしてください・
 
 
皆さんは幽霊とか霊魂とかそう言うものの存在を信じますか?
わたしは信じない人なんですよ。
なのに、他の人には見えないものが見えるのです。
これは子供の頃から何ですが、最初の頃は周りから嘘つきとか言われました。
親からは「またいい加減なことを言って・・・」とため息を疲れましたし、小学生のころは通信簿の通信欄に「作り話が多いので・・・・」と書かれたりしました。
それからは、そういうことを人には言わなくなりましたが、独り言が多くなりました。
周りから見ると「誰と話しているの?」と聞かれますが、今までの経験からそれを話しても、その人にはわたしが話している相手が見えないので「独り言だよ〜」とごまかします。
結婚してから、妻に「お父さんはいつも誰と話をしているの?」と聞かれたので、実は・・・とカミングアウトしたところ、「へぇ、そうなんだ」で済まされました。
 
それ以後、「今日は誰と話をしたの?」と飯のときに聞かれるようになり、まぁ妻もそれを信じているかどうかはわかりませんが、なんとか認めてくれているようです。
妻は東北宮城の出身なので、わたしのような現象には慣れているのかもしれません。

11:54, Monday, Jun 12, 2017 ¦ 固定リンク