JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近の作業記事
全て処理していいと妻には言って ..
心が冷えきってしまうと最後には ..
安い買い物だった。
思えば、今日は米軍による本土爆 ..
あ、そうか今日は新月だったねぇ
あ、そうか!! 今日は、アホくさ ..
調布警察署管内の特殊詐欺の被害 ..
今のうちに目一杯色々と人生を愉 ..
今日は午前中病院でした。
話し言葉には消しゴムがない 

過去の作業ログ
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月

 





つまり、日本人の死生観に関係があると言える。
日本人のあいさつの基本
 「こんにちは、お元気ですか?」
 「はい、おかげさまで元気です」
 「さようなら、ごきげんよう」
 
 
「こんにちは、お元気ですか?」

「こんにちは」は、「今日は」と書く。
昔は太陽のことを「今日様」とよんでいた。
つまり、
「こんにちは」は「やぁ、太陽さん」と言う意味なのだ。
 
 
「元気ですか?」とは、元の気という意味。
これは太陽のエネルギーをさす。
 
「こんにちは、元気ですか?」とは、
「今日も太陽さんと一緒に明るく元気に生きていますか?」  という確認の挨拶なのである。
 
 
「はい、おかげさまで元気です」
これは。問いかけした人に対して
「はい、太陽さんと一緒に元気に生きていますよ」と言う返事なのである。

  
「さようなら、ごきげんよう」
これは「さようならば、ごきげんよう」ということであり、「そうですか、太陽さんと一緒に生活しているならば、ご気分がよろしいでしょう」という意味で、その場を立ち去る別れの挨拶なのである。
   

「さようなら」は実は2つの用いられ方がある。
1つは、状況に抗うことなくあっさりと諦めるというもの。
もう1つは、潔さ・美しさとしてのもの
 
つまり、日本人の死生観に関係があると言える。

13:27, Tuesday, Jul 18, 2017 ¦ 固定リンク ¦ 携帯