JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近の作業記事
今日は寒いねぇ
、あと1〜2時間で陽が陰るだろ ..
全て処理していいと妻には言って ..
心が冷えきってしまうと最後には ..
安い買い物だった。
思えば、今日は米軍による本土爆 ..
あ、そうか今日は新月だったねぇ
あ、そうか!! 今日は、アホくさ ..
調布警察署管内の特殊詐欺の被害 ..
今のうちに目一杯色々と人生を愉 ..

過去の作業ログ
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月

 





「お金にいたずらしたりすると犯罪にはならないのか  
昔から、お札に、番号、自分の名前、メモなどを書いている人いましたけどねぇ。。。。
それが最近、紙幣に落書きしたりスタンプを押したりする人が増えているそうです。

これって、「貨幣損傷等取締法」に触れて犯罪じゃないのかって思うんですが、実は「硬貨は犯罪になるが、.紙幣は犯罪にならない」のです。
 
硬貨は、「貨幣損傷等取締法」という法律によって損傷させることを禁じられています。
  第1項 貨幣は、これを損傷し又は鋳つぶしてはならない。
  第2項 貨幣は、これを損傷し又は鋳つぶす目的で集めてはならない。
  第1項又は前項の規定に違反した者は、これを1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。
  
この場合の貨幣と言うのは「1円玉から500円玉」までの硬貨の事をさすと規定されています。
が、日本銀行券(いわゆる紙幣)はこの法律の貨幣としては含まれていません。
 
硬貨の場合、鋳つぶして他のかたちに加工できるからですが、紙幣は紙なので加工しても紙以外にならない、と言うことから規定されていないと言うことです。
 
あと、落書きされた紙幣ですが使う店によって、「拒否」される場合があるそうです。
 
変な落書きをされた紙幣をお釣りで出されたら客の中にはそれを「良し」としない人は多いですからね。
「変な落書きをされた紙幣など、使ったら自分が変に思われるから使いたくても使えない。そんな紙幣をお釣りで出すような店にはもういかない」という人もお客の中にはいるでしょうから。。。。
そうなると、店には打撃ですよね。
 
あと、そうですねぇ。。。。
ATMや自動販売機などは、使える場合と使えない場合があるといいます。

それは、機械によって偽札かどうかの判別方法が違うからだそうです。
ですから、そのATMの判別条件にそれらが含まれていれば、その紙幣は受け付けられずに戻ってきてしまウそうです。
 
なので、皆様お気を付けください

14:24, Thursday, Mar 02, 2017 ¦ 固定リンク ¦ 携帯