JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク

ログイン 保存

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20
21
22 23
24 25 26 27 28    

最近の作業記事
昨年の大阪府下での強制わいせつ ..
人生なんか最初から狂ってる。
何10年か経つと骨壷の中は空に ..
超能力研究は決して過去のことで ..
ポルターガイストの出現要因は、 ..

過去の作業ログ
2019年12月
2019年 2月
2019年 1月

 



本日   30
昨日   55
累計   531338

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。

猫の手の業務について
  

「猫の手」は、「ITコンサルタント」業務を閉業しております。

業務のお問い合わせを時々頂きますが、上記の通り閉業しました。

ただし、懇意にしている方からの依頼は受け付ける場合があります。

現在は、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴るブログとしてのみ当サイトを使用しております。

なお、「『猫の手』は屋号」なので、そのまま使用しております。


追記:時折、「鍵屋さんですか?」という問い合わせをいただきますが、「猫の手」は「鍵屋」ではありません、です。



 
 

23:59, Tuesday, Dec 31, 2019 ¦ 固定リンク


昨年の大阪府下での強制わいせつの発生件数は690件でした。
昨年の大阪府下での強制わいせつの発生件数は690件でした。
今年に入り大阪府下では、夜間に帰宅途中の女性を狙った強制わいせつ事件が発生しています。
被害にあわないために
(1) 道路を歩くときは、できるだけ人通りのある道や明るい道を選ぶ。
(2) 周囲に注意してときどき振り返る等し、また、知らない人が近付いてきたときは距離を保つようにする。
(3) マンションや自宅に入るときは、周囲に不審者がいないか確かめる。
(4) 防犯ブザーを携帯し、いざという時に使うことができるようにしておく。
等して、十分に注意して下さい。
不審者を見かけた場合は、110番又は最寄りの警察に通報して下さい。

15:49, Wednesday, Feb 20, 2019 ¦ 固定リンク


人生なんか最初から狂ってる。
この地球上には、家畜化した動物が多数いる。
それの殆どは人の手によって家畜化された動物だ。
だが、たった2種類だけ自ら家畜化した動物がいる。
それは、猫と人間だ。
 
猫はどんな自分にも誇りを持っている。
何かのために役に立ったり尽くしたりしなくても、自分のままで帰っていけるたったひとつの居場所さえあれば、尻尾をぴんと立てて貴族のように優雅な足どりで道を横切っていく。
 
それに対し、自分では何も決めず、時代や会社の流れに任せるとは、他人に人生をコントロールされて生きることです。
人生なんか最初から狂ってる。
そう思うと、この先、あらゆることを受け止めるのが容易になる。

11:13, Monday, Feb 18, 2019 ¦ 固定リンク


何10年か経つと骨壷の中は空になるそうだ。
少し前に「私のお墓の前で泣かないでください そこに私はいません」という歌があったけど、あの歌詞の言葉のとおり、何10年か経つと骨壷の中は空になるそうだ。

15:43, Sunday, Feb 17, 2019 ¦ 固定リンク


超能力研究は決して過去のことではない。
欧米では「アストラル・プロジェクション」と呼ばれ、近年流行の兆しを見せている肉体から意識や魂が離脱する体験「幽体離脱」。
一度は経験したいと誰もが思ったことがあると思うが、実はかつてのソ連では幽体離脱の軍事利用が行われていたことが米軍資料で発覚した。

じゃアメリカは?
かつてスターゲイト・プロジェクトというのがあって1995年に成果無しとして終了した。

が、これは表向きで今も米国は超能力への関心を失っていない。
それどころか、2014年にはアメリカ海軍研究所が“予知能力”や“直感能力”を調査するため、400万ドル(約4億5千万円)をつぎ込んだ4年間

15:42, Sunday, Feb 17, 2019 ¦ 固定リンク