JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最近の作業記事
HUAWEIタブレットの修理を ..
父の形見の万年筆が吸引式だった ..
セブン銀行を装った不審なメール ..
その日がいつ来るのか楽しん出る ..

過去の作業ログ
2019年12月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月

 





ポスターカラーはガッシュの廉価版
昼食後、葛西駅メトロにある100均に出かけた。
ポスターカラーを買うためだ。
今まで水性アクリル絵の具を使っていたが、使ったあとの後始末が大変だった。
それに俺が主に使っているのは透明アクリル。
発色がいいからだが、いかんせん、重ね塗りをしたとき透明なので下地が透けてしまう。
とは言えガッシュだと、艶が出ない・・・・
なんて不服を言ってもしょうがねぇ。
なければ、あるもので始末しないとね。
ということで、そんなときは、透明アクリルと不透明アクリルを使い分ければいいだけ。
どうしても艶を出したいときなんかは、不透明アクリルの上に同じ色の透明アクリルを重ね塗りすれば、まぁ、光沢はなんとかなる。
 
それに、あれもこれもと、取り揃えるには先立つものが必要。
先立つものに困らなければ、本格的に画材を取り揃えたいけど、年金生活者の俺としては、趣味にできるだけ金はかけたくない。
ということで、ポスターカラーを使うことにした。
 
実は、ポスターカラーはガッシュの廉価版なのだ。
なので、ポスターカラーはガッシュである。(笑) 
以前から持っているものは銀、金、濃いグリーン、水色、赤、今回手に入れたのは、ピンク、オレンジ、グリーン、白、黄色、黄色はメーカー違いのものを一本づつ。
まだ、欲しい色はあるが、一番よく使うこの10色があれば、あとは、アクリル絵の具を使えばいい。

18:11, Thursday, Apr 25, 2019 ¦ 固定リンク ¦ 携帯