JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の作業記事
ポスターカラーはガッシュの廉価 ..
俺はすでに自主返納済ませている ..
人間の脳は愉しいことしか受け入 ..
7月に新・相続の改正がある
上京型振り込め詐欺未遂発生

過去の作業ログ
2019年12月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月

 





スマホを持たないシニアが生活弱者になる恐れ
今日は日経に書かれた「スマホを持たないシニアが生活弱者になる恐れ」という話題について書こうかな。
日経によると、「スマートフォンが幅広い層に普及して久しいが、いまだに浸透が進んでいないのがシニア層で、なかなか普及率が上がらない状況」だそうだ。
総務省が公表している平成29年度の通信利用動向調査でも、50〜59歳の68.4%と比べると60〜69歳のスマートフォン利用率は39.4%で、利用が制限されている子供世代(6〜12歳)の32.4%に匹敵する低さだそうだ。
 
なぜシニアがスマートフォンへの買い替えをしないのか・・・・・
日経にはいろいろ書かれているが、俺が思う一番の理由は利用料金が高いということだと思う。
フィーチャーフォンの利用に慣れているシニア世代は現在の環境に特に困っていない。
だから、コストをかけてまでスマートフォンに移行するメリットが実感できない。
 
しかし、今後を考えるとシニアが生活弱者となる恐れがある。
それは、多くの生活系サービスがスマートフォンの利用を前提にしたものとなりつつあって、それを利用した生活系サービスの恩恵を受けられないということになるからだ。

08:36, Wednesday, Mar 20, 2019 ¦ 固定リンク ¦ 携帯