JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の作業記事
熊の出没情報(10月21日・豊 ..
サルの目撃情報について
再開のメドが立たないという異例 ..
トイレも楽です(⌒-⌒)ニコニコ. ..
不審電話とワイセツ行為の事案が ..

過去の作業ログ
2018年12月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月

 





2018年問題
今、2015年に制定された「派遣法改正」、ぞして特定派遣も廃止となることが原因で「2018年問題」が起きている。
 
それは、派遣社員が派遣先から雇用終了(雇い止め)になる案件が増えていると言うことだ。

 
2015年9月の派遣法改正では、派遣期間の上限が3年で統一された。
期間が3年を超えると、ユーザー企業やITベンダーといった派遣先は直接雇用の義務(労働契約申し込みみなし制度の適用)を負う可能性がある。
そのため、改正からちょうど3年を迎える2018年9月を前に、この影響を恐れて派遣契約を打ち切っている企業が増えている。
これがいわゆる「2018年問題」である。

13:36, Thursday, Aug 09, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯