JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク

ログイン 保存

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の作業記事
俺は決して優しくはない
日本では人口子宮の研究が進んで ..
今年の冬は厳冬だということにな ..
数日前より、体調が思わしくない ..
今年は世界的に大きな自然災害に ..

過去の作業ログ
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月

 



本日   9
昨日   35
累計   521563

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。

2018年 5月29日

その戦略は、
プラスチックごみ「中国が資源ごみの輸入をこの1月から禁止」で日本国内にあふれる「東京ドーム」3杯分
政府は、日常生活で大量に出るプラスチックごみの大幅削減を目指す「プラスチック資源循環戦略」の策定に乗り出す。
政府は今夏にも、環境省や経済産業省などの関係省庁、産業界、有識者らが参加する審議会を設置して議論を始め、今年度中の戦略策定を目指す。
 
その戦略は、
〈1〉レジ袋や食品トレーなどプラスチック容器・包装の削減
〈2〉使用済みプラスチック資源の効率的な回収・再利用
〈3〉石油ではなく植物素材由来の「バイオプラスチック」の普及

16:35, Tuesday, May 29, 2018 ¦ 固定リンク


日大アメフトの件、まだ報道しているねぇ、
日大アメフトの件、まだ報道しているねぇ、
思うんだけど、他の選手も過去に同じような指示を受けたってコメントしてるんだよ。
だけど、今まで少しも悪質プレーで話題になったことがないんだよね。
これってどういうことなんだろうってね、特に他の選手と記者会見した学生との違いがね、

16:09, Tuesday, May 29, 2018 ¦ 固定リンク


メキシコの70歳の女性が妊娠したそうだ。
メキシコの70歳の女性が妊娠したそうだ。
7ヶ月前に体調不良を訴えメキシコ国立病院に行き検査したところ、妊娠している事実が発覚。
その後10回の超音波検査を行い、正確に妊娠を確認。
 
彼女には40〜50代の7人の子どもが既にいてこの子供は8人目・・・・。
40年ぶりの出産・・・・出産予定日7月18日
通常出産ではなく帝王切開手術にて出産予定。
7月に無事に出産すると、世界最高記録を更新となるそうだ・・・・。
 
既に大人になっている子どもたちは、母親の高齢出産を非常に心配していると言う。
その反面、40歳や50歳離れている兄弟ができることにも戸惑っているそうだ。
そりゃそうだろうなぁ、兄弟というより自分の孫みたいな歳の差だもんなぁ

16:08, Tuesday, May 29, 2018 ¦ 固定リンク


勝間和代さんが同性愛を公表へ
いまさら〜?
勝間和代さんが同性愛を公表へ
で、それを聞いてどうせいと・・・・
あれ? でもこのひと普通に結婚して子供もいるよね
2回結婚して子供もいるのに女が好きとか言われてもなぁ
まぁ、ここ数年で一番どうでもいいカミングアウトかもしれん

14:52, Tuesday, May 29, 2018 ¦ 固定リンク


我々男はセクハラを勘違いしている。
我々男はセクハラを勘違いしている。
セクハラの基準は女性が不快に思うかどうかなので、原則的にはあらゆる言動がセクハラになり得るので対策の仕様はないんだ
触らなくても痴漢になるぐらいだからな。
 
厚生労働省のセクシャルハラスメントについての手引きにも明記されている。
どの法曹も「セクハラの基準は相手の女性が不快に思うかどうかです」とはっきり言っている以上 不快に思われた時点でアウトだ。
何について不快かどうかは相手に完全に委ねられているので事前の対策は不可能
 
ということは女性の感情で裁量が変わるってっことだな。
で、俺が思うにだ。
男女平等を当たり前のように主張しない女性は、この先社会で生き残ることがだんだんと出来づらくなっていくだろうなって言うことだ。
 
その日の気分とか相手が好みかどうかとか、そんなもんで法律を動かせてしまうと法治国家はやがて崩壊してしまうことになりかねない。
そう言えば、昔にそんなことをテーマにした小説を小松左京が書いてたな。
その小説を読んで、「事務ロボット1つあればいいんじゃね」って感想を持ったが、そんな社会を女自らが作り上げてしまっていくとしたら・・・・、女性にとって悲惨な世の中になるだろうな。

14:50, Tuesday, May 29, 2018 ¦ 固定リンク