JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22
23
24 25 26 27 28
29 30          

最近の作業記事
今日は「良い夫婦」の日
葛西地区の人間は殆ど助からない ..
、日本映画とか日本のテレビドラ ..
いつものようにパソコンの電源を ..
一本の桜の木に「3色の桜の花」
閉鎖した環七の「アーバン・ドラ ..
「自転車安全利用 TOKYOキャンペ ..
「大阪府警管内の各署のキャンペ ..
不倫する人は、不倫程度で裁判に ..

過去の作業ログ
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月

 





世の中には、数少ないチャンスをモノにできる人間とそうでない人間とに分かれる。
世の中には、数少ないチャンスをモノにできる人間とそうでない人間とに分かれる。
数少ない人間は常に第三者の眼で回りを見る力があり、自分をも含めて周囲を俯瞰できる眼力を持っている。
だから、究極の立場になっても自分を律する力がある。
世間の人はそういう人間を人として尊敬する。
 
これは年齢とか、性別とか、生まれとか、育ちや生い立ちとかは一切関係ない。
なぜなら、確かにそういう力を先天的に持っている人もいるけど、後天的に身に着ける人もいるからだ。
「そういう人間は数少ないのだから求めるのは酷」と言う人がいる。
それは確かに言えるかもしれない。
だが、その言葉こそ、「少ないけど確かにいる」と言う証明にしかならない。
だからこそ、そういう人間は「選ばれた人間」と周りから称される。
  
人は人間だから間違いも起こすし嘘も付く、だけど、最後の最後に踏ん張れてけっして裏切らない。
そのために命さえ惜しまないこともある。
 
そういう人だからこそ人は信頼をおく。

17:47, Friday, Apr 06, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯