JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の作業記事
一本の桜の木に「3色の桜の花」
閉鎖した環七の「アーバン・ドラ ..
「自転車安全利用 TOKYOキャンペ ..
「大阪府警管内の各署のキャンペ ..
不倫する人は、不倫程度で裁判に ..
FBで住所、電話番号を公開して ..
空き巣は無締まりの家を狙ったり ..
「なんで俺がこんなこと。。。。 ..
アプリを使用する際は渡す権限、 ..
間違い電話の振りをして、こちら ..

過去の作業ログ
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月

 





「恨みの怨嗟」はどこかで断ち切らないとね。」
俺の古くからの知合や知人連中が、こう言うんだよ。
 
「昔からいい人=いろいろ呑み込んでしまう人っているけど、こういう人って何だかんだと言って割を食う。だけど、こういう人って失うことを怖たがらなくなると覚醒するんだよな。一旦覚醒したら怖いよな、過去に遡ってきっちり落とし前をつけようとするだろ?」ってね、俺の観ながら言うんだよ。(笑)
俺がそろそろそうすると思ってるみたいだ・・・・。
だから「今となってはどうでもいいんだけどなぁ。第一やるとなると色々となぁ。だって、その本人だけに影響が収まるならいいけど、多分そいつの身内にも影響が出ると思うわけよ。そうなると「恨みの怨嗟」が続くよね。「恨みの怨嗟」はどこかで断ち切らないとね。」なんて会話をしてたんだけど、思うになんて前時代的な話しをしてたんだろうと。。。思ったよ。(笑)

15:22, Saturday, Mar 17, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯