JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の作業記事
エアコンのあの臭い・・・気にな ..
災害に乗じた悪質商法にご注意!
電話詐欺の前兆電話が多数かかっ ..
騙される人が後を絶たないねぇ

過去の作業ログ
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月

 





俺の住んでいるすぐ近くのマンションの警報が鳴り響いていつまでたっても鳴り止まない。
今日は雨ですねぇ。
 
俺の住んでいるすぐ近くのマンションの警報が鳴り響いていつまでたっても鳴り止まない。
妻が「あれなんだろうねぇ。火事にしては煙が出てないのよ」と言うので、黒のジャージ姿のまま音の鳴る方へ歩いていったら、近所のマンションで鳴っていた。
マンションを見渡してみるがどこにも火の気が上がっているようには見えない。
だから、葛西橋通りに出てマンションの前まで行ってみたがやはり異常があるようには見えない。
後ろからドタドタする足音がするので振り返ってみたら、長島町郵便局の交差点のところにあるアルソックの事務所から人が一人駆けつけてきた。
「火事ですか?」って聴いたら、「ちょっと待ってください」と言いながら、マンションの入口を開けようとするが開かない。
脇の入り口から入ろうとするが、なんか慌てて事務所に戻り、また慌てて戻ってきた。
どうも、鍵を忘れたようだ。
それを見て俺は「この人大丈夫かいな・・・」と思ったが、警備員が一人と言うのが解せん。
普通は複数で来るんじゃないのか・・・なんて思いながらしばらくその場で立って様子を観ていた。
「どうも火事ではなさそうだ。。」ってことで、一旦戻りかけたが、「まぁ、あとでFBネタにでもしようかwktk」と思って、警備員が出てきたら何が有ったのか聞いておこうと思い直して、またマンションの前に戻って、しばらく立っていた。
そしたら、漸くマンションの住人の何人かが表に出てきていた。
で俺の姿をみて慌ててまたマンションの中に戻った。(笑)
前にも書いたけど、俺の普段の格好ホームレスルックだから(笑)
 
たしか、警報が鳴り響いたのを妻が気づいたのが、12:00前後、俺がマンションの前に行ったのがそれから10分くらい後。
だけど、マンションの住人も周囲の家の人も誰も出てきてないし、出て来る気配もなかった。
「そんなもんなの?」って俺は「?」出まくり・・・
「ここの住人や近所の人はなんか変だなぁ」って不思議な感覚だった。
 
しばらく立っていたが、雨が振っていたし、「まぁ、火事じゃなさそうだし、どうでもいいか」って家に帰って妻に見てきたことを伝えて昼飯にした。
昼飯を食べ始めるころもまだ鳴り響いていたが、食べ終わって13:00ころ玄関のドアを開けたら警報は鳴り止んでいた。
「誰かが何かの事件に巻き込まれて警報を鳴らしたのだろうか」とか、「急に具合が悪く鳴った人が助けを呼ぶために警報を鳴らしたのだろうか。。。」なんていろいろ考えた。
だけど、パトカーや救急車のサイレンの音がしない。
だから、「ちょっと様子を見に行こうかな」と出歯亀根性を出したけど、なんか面倒になって止めてそのままにしている。
「まぁ誤報だったんだろう・・・」と思うことにしている。

13:45, Monday, Mar 05, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯