JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最近の作業記事
今年の冬は厳冬だということにな ..
数日前より、体調が思わしくない ..
今年は世界的に大きな自然災害に ..
不退去罪
浮気や不貞は違法ではないが不法 ..

過去の作業ログ
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月

 





全て処理していいと妻には言ってある。
今日も天気が良いねぇ
外気温は2度なんだけど、室内はガスストーブを付けているからか、あまり寒さを感じない。
寒波がひどい時は、ガスストーブの温度設定を上げても、冷気が深々と足元から上がってきたけど、先週の水曜日辺りから、キッチンとの間のドアを開けていてもそれがなくなったように感じる。
あの大寒波を経験して身体が寒さに対して耐性が付いたのだろうか・・・・
なんて思っています。
ま、相も変わらず寒いことには変わりはないので、ただ、身体がそれをキツイと感じなくなったのは良いことだ・・・と割り切っていますけどね。(笑)

俺のところには、親父が越冬隊員として南極で活動していたときの資料や写真や日記、日本や世界や南極の外国基地との交信記録や交流日記、写真、往路の宗谷の船上・船中の写真や新聞、極地での生活や犬の写真、当時着ていた防寒具などの衣類や道具、それと南極の石とか満載だ。
もう捨てたいんだけど、捨てられない。
でも、オレが死んだら全て処理していいと妻には言ってある。

18:37, Sunday, Feb 18, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯