JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近の作業記事
今日は「良い夫婦」の日
葛西地区の人間は殆ど助からない ..
、日本映画とか日本のテレビドラ ..
いつものようにパソコンの電源を ..
一本の桜の木に「3色の桜の花」
閉鎖した環七の「アーバン・ドラ ..
「自転車安全利用 TOKYOキャンペ ..
「大阪府警管内の各署のキャンペ ..
不倫する人は、不倫程度で裁判に ..

過去の作業ログ
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月

 





実はその面倒くさいことを今日したんですよ(笑)
ランサムウェア対策

Windows 10の「Fall Creators Update」以降に搭載されている“コントロールされたフォルダー アクセス”という機能がある。
これは指定したフォルダーを監視して不明なプログラムからのアクセスを遮断する機能で「ランサムウエア」と呼ばれる悪質なプログラムへの対策などのために追加されたものです。
(「ランサムウエア」と言うのは、パソコン内のファイルを勝手に暗号化して、その解除と引き換えに金銭などを要求するためのネタ作りに用いるもの。)

この機能を有効にすると、あらかじめ設定したフォルダー(ドキュメントなど)に対して、許可したアプリしか書き込みを実行できないようにすることができるので、これにより、もしもランサムウェアがパソコンに侵入しても、許可されたアプリに登録されていないため、ドキュメントなどのデータを勝手に暗号化することができなくなります。
 
というわけですが・・・・
実は「便利は不便に通ず」と言う諺がある通り、これにはこれで問題はある。
それは、「正規のアプリであっても登録されていない限りは書き込みが禁止されてしまう」ということです。
  
なので、普段使っているアプリであっても、きちんと登録していないとあらゆるときに「アクセスが禁止された」というメッセージが表示されることになります。
そうなると、使い勝手は実に悪いし苛立つ。
でも、逆に考えてみると、それだけ効果があると言うことがですよね。
なので、まぁ面倒くさいかもしれませんが・・・・
「もし、感染したらもっと面倒なことになるぞ」と思えば、禁止される都度根気よくその禁止されたアプリの登録作業をすることは・・・・それほど苦ではない・・・・のではないでしょうか。((笑))
 
なんで、今回こんなことを書き気になったかというとね、実はその面倒くさいことを今日したんですよ(笑)

17:18, Saturday, Jan 20, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯