JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近の作業記事
今日は「良い夫婦」の日
葛西地区の人間は殆ど助からない ..
、日本映画とか日本のテレビドラ ..
いつものようにパソコンの電源を ..
一本の桜の木に「3色の桜の花」
閉鎖した環七の「アーバン・ドラ ..
「自転車安全利用 TOKYOキャンペ ..
「大阪府警管内の各署のキャンペ ..
不倫する人は、不倫程度で裁判に ..

過去の作業ログ
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月

 





もし、これが真実なら・・・
1941年12月7日。
宣戦布告なしに日本が真珠湾を奇襲攻撃したことになっている。
だが、果たして最初に攻撃したのは日本軍だったのか・・・
実は、歴史を書き換えるほどの隠れた真実があるそうです。
それは、奇襲攻撃の1時間以上前にアメリカの駆逐艦ワードが日本の潜水艦(特殊潜航艇)を撃沈していたという報告が残っているそうです。
 
これがもし真実なら、太平洋戦争は、最初に日本軍が攻撃して始まったのではなく、アメリカの攻撃で始まった事になります。
 
そして、駆逐艦ワードの報告通り、日本の潜水艦(特殊潜航艇)の残骸が1990年代に見つかったそうです。
 
当時アメリカ政府はこの駆逐艦ワードの報告を無視したために、警報を鳴らさなかったということです。
 
もし、これが真実でかつ、アメリカが警報を鳴らして、防御態勢を取っていたら、真珠湾攻撃はもちろん、その後の太平洋戦争も違った結果になっていたかもしれません。

18:01, Sunday, Jan 07, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯