JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の作業記事
あと一週間のガマンでしょうか・ ..
今日は寒いねぇ
、あと1〜2時間で陽が陰るだろ ..
全て処理していいと妻には言って ..
心が冷えきってしまうと最後には ..
安い買い物だった。
思えば、今日は米軍による本土爆 ..
あ、そうか今日は新月だったねぇ
あ、そうか!! 今日は、アホくさ ..

過去の作業ログ
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月

 





浮気するなら自己責任でなんて詰まらんオチ話
不倫が成立する場合と言うことに限って言うと、民法では709条710条の規定に抵触しているとみなされると裁判では不法と判断されるのかな。。。
 
このなかで特に気をつけないといけないのは、婚姻前の不貞状態を維持したまま婚姻したとなると、「重大な説明義務があると知っていながらしなかった」ということになって、最悪結婚詐欺に問われることもあるそうだ。
 
いくらシタ側が「身体の関係は無い」とか「相手とは身体だけ、こころはあなたに有る」、「あの人はあなたでは満たされない部分を癒やし満たしてくれた。それで穏やかな結婚生活が維持できた」と主張したとしても、サレた側が民法709条の「自分の行為が他人に損害を及ぼすことを知っていながら、あえて(故意に)違法の行為をして、他人の権利や法律上保護される利益を侵し損害を与えた者は、その損害を賠償しなくてはならない。また、不注意(過失)による場合も同様である」と主張した場合、不倫・不貞を働いたと断じられるわけです。
で、相手には既婚者と知りながらその行為をしたとして同罪とみなされるわけです。
なので、決して発覚しないように露見しないようにひた隠しに隠すことが出来ないと言うのであれば、既婚者が婚姻のパートナー以外の異性と関係を持つことは控えたほうが良いと思うのです。
 
それでも、どうしてもというのであれば「既婚者は婚姻の継続を取りやめて自由の身になってから、その相手と新たな関係を構築する」ということを「順番を間違えないように」と言う言葉でわたしは言っています。
  
逆に言えば、「どんな悪事を働いてもそれが露見しない限り、露見しても実証できない限り犯罪にはならない」と言う論理と同じで、「決して実証は出来ない」と鉄壁の守りを確信できるなら楽しんでも構わないと思います。
 
また、それが例え発覚しても「離婚とかにはならない」と言う強い自信とその裏付けがちゃんと出来ているのであれば、恐れること無く愉しめばいいと思います。
 
さらに言えば、「たとえ離婚となって高額な慰謝料を支払うことになったとしても、この関係は絶対に捨てられないし、離婚したあとの生活にもなんら支障はない」と言う覚悟と裏付けがあるのであれば楽しんでもかまわないとは思います。
 
あるいは、婚姻パートナーが了承済みである場合です。
 
とは言っても、わたしの言っていることは、そんなの理屈だと言うのは分かっています。
「きちんと配偶者と話し合え」って言っても、「それが出来るくらいなら苦労はせんわ」と言われることは分かっています。
「相手を探すときは、鉄壁の守りが出来る相手を探せ」と言っても、「どうやってそう言う人を探せば良いんだ」と言われることも分かっています。
 
なので、長々と書きましたが、結局は「本人がどうしたいのか?」と言うことになって、「楽しむなら自己責任で『覚悟』をもって楽しみなさい」と言うしか無いと言う実に詰まらん「オチ」に落ち着くわけです。

15:56, Tuesday, Dec 19, 2017 ¦ 固定リンク ¦ 携帯