JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最近の作業記事
全て処理していいと妻には言って ..
心が冷えきってしまうと最後には ..
安い買い物だった。
思えば、今日は米軍による本土爆 ..
あ、そうか今日は新月だったねぇ
あ、そうか!! 今日は、アホくさ ..
調布警察署管内の特殊詐欺の被害 ..
今のうちに目一杯色々と人生を愉 ..
今日は午前中病院でした。
話し言葉には消しゴムがない 

過去の作業ログ
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月

 





どうやって捨てようかと困っている代物だ(笑)
「有田哲平芸能界マル秘人脈大図鑑」とかなんとかと言うテレビ番組を観ていた。
でそこに南極の昭和基地が写った。
それを観ていて「昭和基地も様変わりしたんだなぁ」と思った。
わたしの父が南極観測隊の越冬隊員として南極に行ったときは、こんなに設備は整ってなかった。
なにしろ、前年の第二次隊が失敗した後の第三次南極観測隊だから、そりゃ施設は今よりひどいものだった。
 
そう、第三次南極観測隊というのは、映画やテレビで「南極物語」というドラマになった。
映画では高倉健や渡瀬恒彦とかが出演していたし、テレビではSMAPの木村拓哉は出演していたアレだね。
 
で、あのタロ・ジロが奇跡的に生存していたというのを発見した第三次南極観測隊だ。
 
父の遺品には南極から持ち帰った当時の物が思い出として沢山ある。
そう言えば、あのタロが噛み殺したというペンギンのは剥製(画像掲載)がある。
 
わたしももう年だし、わたしの死んだあとこれらの遺品残しておいても妻にはわたしの思い出でない以上残しておいても重荷にしかならないし、かと言って身内とは縁を切っているので今更身内に渡す気にもならないし・・・・と、終活の一環として持ち物を始末しようと思っている昨今なのだが、なかなか捨てる踏ん切りとどうやって捨てようかと困っている代物だ(笑)



P1160682

23:49, Tuesday, Jun 27, 2017 ¦ 固定リンク ¦ 携帯