JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近の作業記事
今日は寒いねぇ
、あと1〜2時間で陽が陰るだろ ..
全て処理していいと妻には言って ..
心が冷えきってしまうと最後には ..
安い買い物だった。
思えば、今日は米軍による本土爆 ..
あ、そうか今日は新月だったねぇ
あ、そうか!! 今日は、アホくさ ..
調布警察署管内の特殊詐欺の被害 ..
今のうちに目一杯色々と人生を愉 ..

過去の作業ログ
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月

 





これが包容力というもんだと思うよ
相手が大人でも子供でも夫婦の間でもそうだが、相手の気持ちを知りたければ、相手が何を見ているかを見るといいね。
それができないのは相手の気持を推し量るとき、自分の価値観をフィルターにして観ているからだと思うね。
相手の価値観が自分とは例え違っていても、それを受け入れることができるようになると、相手の行動や求めているものが見えてくるよ。
そしてね、自分は風呂敷だと思うことだね。
自分という風呂敷で相手を包み込む。
完全に包み込めれば相手のことは分かり合えるようになる。
もし包み込めない部分があるとしたら、それは自分にとって相手の未知の部分だね。
その未知の部分を包み込めるように相手を受け入れる度量の広さを持つようにすると、いつか包み込めるよ。
これが包容力というもんだと思うよ

12:08, Saturday, Mar 25, 2017 ¦ 固定リンク ¦ 携帯