JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近の作業記事
今日は寒いねぇ
、あと1〜2時間で陽が陰るだろ ..
全て処理していいと妻には言って ..
心が冷えきってしまうと最後には ..
安い買い物だった。
思えば、今日は米軍による本土爆 ..
あ、そうか今日は新月だったねぇ
あ、そうか!! 今日は、アホくさ ..
調布警察署管内の特殊詐欺の被害 ..
今のうちに目一杯色々と人生を愉 ..

過去の作業ログ
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月

 





釈然としないものを感じる。
セブンイレブンで煙草を買った。
 
その時身に着けていた服はポッケが深い上着だった。
料金を払うとき、その深いポケットの中の小銭を出すために、ポケットに入れておいたA4サイズの印刷物2枚、それぞれ二つ折りにしたものをとりあえずカウンターに置いた。
 
それから、ポッケから小銭を出して清算した。
で、そのまま帰ったが、家について4サイズの印刷物2枚をそのままにしてきたことに気が付き、すぐにセブンイレブンに戻って、資料が置き忘れてないかを問い合わせた。
 
すると、「何も置き忘れていない」と言われた。
そう言えば、他のセブンイレブンでも、清算の時に手袋を外してカウンターに置いたままで帰り、慌てて取りに戻ったり、また清算の時手にしていた帽子をカウンターに置いたまま清算して帰ってしまい、途中で気が付いて慌ててその店に取りに戻ったことがある。
だが、どの場合も、「そんなものは無い」と言われた。
で今回も、「何も置き忘れていない」と言われた。
ごみと間違わられて捨てられたのかもしれないが、そのとき対応してくれたレジの女性も知らないと言う。
 
釈然としないものを感じる。

16:56, Monday, Mar 06, 2017 ¦ 固定リンク ¦ 携帯