JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************

屋号は「猫の手」
徒然雉寅日記
**********************************
  仕事のことや、遊びのこと、趣味のことなど、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
   猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。
   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近の作業記事
全て処理していいと妻には言って ..
心が冷えきってしまうと最後には ..
安い買い物だった。
思えば、今日は米軍による本土爆 ..
あ、そうか今日は新月だったねぇ
あ、そうか!! 今日は、アホくさ ..
調布警察署管内の特殊詐欺の被害 ..
今のうちに目一杯色々と人生を愉 ..
今日は午前中病院でした。
話し言葉には消しゴムがない 

過去の作業ログ
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月

 





他人と関わり合いを持つときに気をつけないといけないことがあるとしたら
他人と関わり合いを持つときに気をつけないといけないことがあるとしたら、わたしが思うにそれは1つだけだと思うね。
 
それは、「相手にどこまでなら自分の内面に責任と覚悟を持って踏み込ませる事ができるか」ということと、「相手の内面のどこまでなら、自分は責任と覚悟を持って踏みこめるか」ということだね。
 
どっちもそれなりの自分の責任と覚悟が必要だと言うことだね。
 
相手の内面に深く踏み込めば踏み込むほど、それだけその相手の人が抱える「闇」に近づいて行くことになり、やがてそれまで観えなかったその人が抱える「こころの闇」そのものを知ることに成る。
 
また、逆に自分の内面に深く踏み込ませれば踏み込ませるほど、やがて自分が抱える「こころの闇」の部分をその人にさらけ出すことに成る。
 
もし、その踏み込みが中途半端だと、返って互いにこころに傷を負うことになり、対人恐怖症というトラウマを抱えてしまうことだってありえる。
  
だから、他人と関わり合いを持つときは、どこまでなら自分は責任が取れて、自分はどこまでの覚悟を持てるのかが、大事な要素になる。
 
もし、それがわからないなら、中途半端に相手に踏み込ませることも、相手に踏み込むこともしない方が良い。
 
そういうときは相手との距離をできるだけ安全だと思えるような範囲でとり、そしてその距離を保つことを心がけたほうが良い。
 
とわたしは思うね。
 
とくに、特殊な関係を相手と結ぶときとか、例えばある種の性癖を持った関係とかには、絶対不可欠な要素だと、わたしは思っている。

17:20, Wednesday, Jan 18, 2017 ¦ 固定リンク ¦ 携帯